土・日・祝日も診療 | 愛知県名古屋市の動物病院 てらかど動物病院

てらかど動物病院
TEL 052-703-1101
topへ
アクセス・診療時間
  • 症例紹介
  • 初めて仔犬・子猫を迎えたら
  • トリミング
  • お知らせ
  • 患者様の声
  • 求人情報
  • リンク集
  • サイトマップ
さんちゃんとピートの日記
TERAKADO TRIMMING BLOG

ネコちゃん

ネコちゃんは、年齢に関係なく病気になってからのご来院が多いのが実情です。日々の予防や定期的なご来院で、病気の早期発見・早期治療を行うことができます
ちょっとしたことでも、是非ご来院いただきご相談ください。

≪気をつけたいこと≫

下記の@〜Bをしっかりと行うことで、「病気の早期発見・治療」を行いましょう。
また、この時期から病気が見つかりやすくもなりますので、少しでも「おかしいな?」と思ったら病院へお越しください。

@ 基本的な予防
A 年1〜2回の健康診断
B 年1〜2回の血液検査

 年間予防スケジュール

年間予防スケジュール

 予防項目について

1.混合ワクチン接種

当院では、3種ワクチンと白血病ワクチンの接種が可能です。 感染症の中には単独感染(たくさんの病気に一度にかかるのではなく、一つの病気に感染すること)で死亡率が高いものもあります。 必ず毎年1回の接種をしてあげてください。初年度は合計で3回の接種が必要です。

予防できる病気 3種 ワクチン 白血病ワクチン/td>
猫ウイルス性鼻気管炎
猫カリシウイルス感染症
猫汎白血球減少症
猫白血病ウイルス感染症

2.ノミ・ダニ予防

ネコちゃんにノミ・ダニが感染すると、皮膚炎やバベシア症などを引き起こします。また、人間も咬みます。特に、ノミは人獣共通感染症(ズーノーシス)である猫ひっかき病を媒介します。ダニはライム病を媒介します。「今はついていないから・・・」ではなく、「つかないように」予防してあげましょう。

3.尿検査  (室内猫:年1回 室外猫:年2回)

秋から冬の間に猫ちゃんは尿路系の病気が多くなることをご存じでしょうか?
また、猫の死亡要因の一番は腎不全だと言われています。
尿検査の目的は、目に見えない体の異常をいち早く見つけることです。
オシッコの病気の多いネコちゃんは年間2回程度の検査をお願いします。

尿検査で分かること
@ 尿PH値 尿路結石・細菌感染 など
A 尿ビリルビン 肝臓疾患・胆道疾患・黄疸 など
B 尿糖 糖尿病・急性膵炎・クッシング症候群 など
C 尿せん血 膀胱炎・尿道炎・尿路結石・前立腺炎・腎炎 など
D 尿タンパク 腎臓疾患・尿路の異常など
E 尿比重 腎臓疾患・尿崩症 など
10以上の病気の早期発見に繋がります

4.健康診断

ネコちゃんも、人間と同じで、病気の「早期発見」、「早期治療」が何より大切です。しかし、ネコちゃんの病気を早期で見つけるのは、簡単なことではありません。
ネコちゃんも、人間と同じで、病気の「早期発見」、「早期治療」が何より大切です。しかし、ネコちゃんの病気を早期で見つけるのは、簡単なことではありません。

5.血液検査  (室内猫:年1回 室外猫:年2回)

健康な状態での血液検査の数値を調べておくと、何か異常があった際に病気の早期発見に繋がります。また、白血病と猫エイズなどの「死にいたるとても怖い病気」も見つけることができます。10年間1000頭検査したデータでは、17%程度が、白血病か猫エイズいずれかに感染しているという結果がでました。是非、病気に感染する前に、室内猫なら年一回、室外猫なら年2回検査してください。